膜厚測定,光学定数測定,複素屈折率・複素誘電率シミュレーションのテクノ・シナジー

会社案内

研究業績 - 「執筆活動」

執筆書籍

1) 田所利康:「垂直磁気ディスクの非破壊評価」,Jasco Report, 33, 5/6 (1991) pp.66-69.
2) 田所利康,吉田裕:「M-150型分光エリプソメータの紹介」,Jasco Report, 35, 2 (1993) pp.40-46.
3) 大津元一,河田聡編:「近接場ナノフォトニクスハンドブック」,オプトロニクス社 (1997) pp96-101.
  (分担執筆:凝縮系の分光計測(2)ラマン分光システムの構築とそのポイント)
4) 田所利康,成田貴人,池田照樹:「ナノメータ領域の構造解析を可能にする近接場ラマン分光システムの試作」,Jasco Report, 40, 2 (1998) pp.27-34.
5) 田所利康:「SNOMを用いたDVD-RAMの記録マーク評価」,Jasco Report, 42, 2 (2000) pp.54-58.
6) 赤羽正志,田所利康,鳥海弥和:「時間分解エリプソメトリーを用いた液晶界面配向のダイナミクス解析」,Jasco Report, 43, 2 (2001) pp.65-73.
7) 情報機構編:「光学薄膜の製造・評価と製品別最新動向」,情報機構(2005)pp.241-264.
  (分担執筆:第5章測定 第1節分光エリプソメトリー,第2節分光干渉法)
8) 情報機構編:「光学実務資料集」~各種応用展開を見据えて~,情報機構(2006)pp.199-220, pp.493-498.
  (分担執筆:第11章 測定 第1節 光学特性測定法,第2節 分光エリプソメトリー,第24章 よくあるQ&A編 第4節 透明基板上の金属単層膜の屈折率及び消衰係数の求め方は?)
9) 技術情報協会編:「LCDの表示原理と視野角・光学補償と輝度向上」,技術情報協会 (2006) pp.187-201.
  (分担執筆:第4章 液晶配向 第5節 液晶界面配向の光学解析)
10) 大津元一,田所利康:先端光技術シリーズ1「光学入門」~光の性質を知ろう~,朝倉書店 (2008).
11) 市村國宏監修:「光配向テクノロジーの開発動向」シーエムシー出版 (2010) pp.15-26.
  (分担執筆:第2編 分子配向と新たな光配向手法 第1章 光学異方性膜の膜厚・光学定数解析)
12) 田所利康:「分光エリプソメトリーの基礎と応用」,光技術コンタクト, 48, 3 (2010) pp.17-23.
13) 技術情報協会編:「光学薄膜の最適設計・成膜技術と膜厚・膜質・光学特性の制御」, 技術情報協会 (2013) pp.116-127.
  (分担執筆:第3章 光学薄膜の分析・評価技術 第2節 分光エリプソメトリーによる薄膜の光学物性評価)
14) 大津元一監修,田所利康・石川謙著:「イラストレイテッド 光の科学」, 朝倉書店 (2014).
15) 大津元一監修,田所利康著:「イラストレイテッド 光の実験」, 朝倉書店 (2016).
16) チームオプト編集委員会編:「光の教科書」, オプトロニクス社(2016) pp.126-141.
  (分担執筆:第9章 自然の中の光 散乱)
ページの先頭へ